勉強時間が取れない!そんな方が行政書士試験に合格するためのメソッド!

行政書士の試験を受ける人の中には、働きながら合格を目指している人がいます。試験が間近に迫っているのに勉強時間が取れない場合でも、勉強しなければ試験に合格することはできません。どこかで時間をやり繰りする必要があります。今回は勉強時間が取れない方になんとか工夫をしながら、一日にできる勉強時間をやり繰りする方法をお教えします。

早起きして勉強する!

仕事で疲れて帰ってきた後に、夜遅くまで起きて勉強している人は多いようです。しかし、眠気と闘いながら無理に勉強するのは効率が良くありません。眠いときは寝てしまって、翌日の朝に早起きして勉強することはできないでしょうか?早朝に勉強し始めれば出勤まで時間がありますし、通勤電車を利用している場合は始発の早い時間に電車に乗れば、すいている車内で勉強できます。会社に行くまでの間にファストフードなどがあれば、朝食を食べながら行政書士試験の勉強をすることも可能です。朝の空き時間を上手に利用しましょう。

昼休みにできる勉強をする!

会社の昼休みやトイレ休憩などのすき間時間を利用して、行政書士試験の勉強はできないでしょうか?たとえば、10分間の休憩時間に過去問を解くというのはいかがでしょう。少し時間の長い昼休みであれば、テキストを読むこともできそうです。時間の短い昼休みやトイレ休憩だからこそ、集中して勉強できるということもあるでしょう。職場の人に行政書士の試験が迫っていることを話しておけば、勉強のじゃましないように協力してもらえるかもしれません。

仕事帰りに勉強する!

仕事帰りに勉強といっても、自宅で試験勉強をするのではなく、自宅以外の場所での勉強がおすすめです。自宅にいるとテレビを見たり、漫画や雑誌を読んだりと誘惑が多い環境にあります。職場近くのカフェやファミレスなどの誘惑の少ない環境にいると、たいへん勉強がはかどります。カフェやファミレスは周囲の雑音がうるさそうな気がしますけど、人間は静かすぎる環境よりある程度音があったほうが集中できるという説もあるぐらいです。

まとめ
毎日仕事に追われていると、行政書士の試験勉強ができないと思ってしまいますけど、早朝や昼休みなどの仕事の合間の空き時間を利用して勉強することはできないでしょうか?自宅に誘惑が多く集中して勉強できない場合などは、職場近くのカフェやファミレスなどを利用するのがおすすめです。より効率的に勉強できる方法について、当社ではさらに詳しく解説させていただいております。