行政書士の仕事内容が知りたい!普段の仕事内容を徹底解説!

行政書士になると、いったいどのような仕事をすることができるのか?行政書士とは、行政手続きに関する専門の「法律家」のことです。とても幅広い仕事内容がありますので、自分に合ったものを見つけ出すと、さらにやりがいが出てくるでしょう。

行政書士のできる仕事とは?

行政書士になると、様々な仕事をすることができます。まずは主な仕事内容をご紹介しましょう。

許認可申請をするなら行政書士!

行政書士になると「許認可申請」を代理で行うことができます。これは、例えばお店をオープンさせたい人や、建設業を始めたい人などが申請をすべきものなのですが、書類がかなりたくさんあって難しいので、行政書士が代理で作成と提出をすることになります。

企業のコンサルタントになれる!

行政書士になると、企業に対して法務的な観点から助言をすることができます。また、会計、決算、財務表を作成することもできます。企業にとって、なくてはならない存在として仕事をすることが可能です。

トラブルを未然に防ぐ仕事!

行政書士になると、トラブルを未然に防ぐために「予防法務」という仕事をすることができます。これは、個人と企業のサポートであり、書類の作成や提出なども全て行政書士が行います。

地域に根付いた仕事やビジネスに関する仕事

行政書士は、地域に根付いた仕事をすることもできます。

相続、遺言、成年後見人などの手伝い

例えば、遺言書の作成をサポートしたり、相続の調査や確定調査をしたりすることができます。また、判断能力が不十分になってしまった人の、「自己決定権」を尊重しながら、支援をする活動である成年後見人も行政書士が行える仕事です。

法人関連の手続きなども行政書士の仕事

株式会社などの設立をする際の手続きや代理、支援などを行政書士なら行うことができます。企業のコンサルタントとしてサポートをすることもあります。書類や面倒な会計、決算などに関してキレイにまとめることができるのが、行政書士の強みです。

まとめ

行政書士になると、できる仕事がたくさんあります。今回紹介したのはほんの一例であり、まだまだ地域やビジネスに関連した仕事があります。自分に合っている仕事内容を見つけ出し、どんな目的を持って何の役に立ちたいのかを考えてみると、行政書士になったときの風景が見えてくるのではないでしょうか。